WELCOME TO IWK_HP ...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+

岩城 和哉 Kazuya IWAKI
建築家+博士(工学)+東京電機大学教授
Architect / Ph.D / Professor of Tokyo Denki Univ.

項目別情報はカテゴリを選択してください。
©KAZUYA IWAKI all rights reserved 
(本ブログ掲載情報の無断複製・転載を禁止します。)

...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+ WELCOME TO IWK_HP

建築意匠研究における研究主題2007/01/02

建築意匠研究における研究主題

 岩城研究室における研究主題の例を以下に記します。具体的には学生各自の関心に基づいて個別に研究テーマの設定を行います。

01_建築家研究
 ある建築家が設計した作品群を対象に、形態分析を通してその意匠的特徴を抽出する
(ex. ル・コルビュジエ作品研究)

02_建築作品研究
 ある建築作品を対象に、形態分析を通してその意匠的特徴を抽出する
(ex. 桂離宮の空間構成に関する研究)

03_空間特性研究
 具体的な建築空間や都市空間を対象に、その空間の意匠的な質(=空間特性)を決定していると思われる形態要素や空間構成の特徴を解明する
(ex. 空間と光に関する研究)

04_ビルディングタイプ研究
 あるビルディングタイプ(住宅、学校、美術館、等)を対象に、広い意味での機能性と意匠性の関係について研究する
(ex. 美術館の空間構成に関する研究)

05_集合体研究
 単体建物ではなく、複数の建物群の集合体(都市、集落、界隈、団地等)を対象に、集合形態を成立させている形態原理を抽出する
(ex. 大学キャンパスに関する研究)

06_空間デバイス研究
 建築を構成する要素のうち、特徴的な名称を与えられている弁別的要素(アーチ、ドーム、ポルティコ、縁側等)を空間装置(spatial device)として捉え、その意匠的特徴について研究する
(ex. 現代建築におけるアトリウムに関する研究)

07_オープンスペース研究
 特定の機能を与えられた機能空間ではなく、機能が明確には特定されず曖昧かつある程度の公共性を備えた空間=オープンスペース(広場、中庭、吹き抜け、エントランスホール等)を対象に、意匠的特徴について研究する
(ex. 都市の広場に関する研究)

08_場所性に関する研究
 建築は必ずある場所に存在し、その場所のもつ特性=場所性は建築形態に少なからず影響を与える。このような建築形態と場所性の関係について研究する
(ex.越後妻有アートトリエンナーレ作品における場所性に関する研究)

09_シークエンスに関する研究
 人が実際に見ている空間=シーン、そして人が移動するときの空間の見え方の変化(シーンの連続的変化)=シークエンスを透視図を用いて定量的に分析する
(ex.美術館のシークエンスに関する研究)

コメント

トラックバック