WELCOME TO IWK_HP ...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+

岩城 和哉 Kazuya IWAKI
建築家+博士(工学)+東京電機大学教授
Architect / Ph.D / Professor of Tokyo Denki Univ.

項目別情報はカテゴリを選択してください。
©KAZUYA IWAKI all rights reserved 
(本ブログ掲載情報の無断複製・転載を禁止します。)

...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+ WELCOME TO IWK_HP

LighTube2007/09/09

【作  品】光筒(こうとう)/LighTube
【設  計】岩城和哉
【解  説】
 その名の通り、光の筒。塩ビ板を筒状に丸め、和紙で包み、その中に裸電球を置く。きわめて単純な方法でつくられたあかりの提案。筒の太さや長さ、和紙の種類や包み方、電球の明るさや置く位置。これらを変化させることによって、そこにしかないあかりが現象する。
 筒は求心性と方向性をあわせもつ面白い形状。同心円状に減衰しながら広がる光と、筒両端から放たれる光線の対比。筒状の塩ビ板を和紙でくるくると包み、余った端部を筒の中に折り込む。和紙の重なりや端部の折り込み具合が手の痕跡として残される。和紙で包むときの心持ちは、贈り物を包装するときの感覚に似ている。和紙によって包装されたあかりを大切な人に贈る、そのような感覚。
 筒を差し掛けるための全ねじ製のフレーム。光は床面に広がり、フレームは光にまとわりつく陰のラインとなる。柔らかい光と硬質な金属の対比。金属に刻まれた凹凸が陰のラインに肌理をもたらす。
 あたかもろうそくに火を灯し提灯の中に差し入れるかのように、裸電球に光を灯し、筒の中に差し入れる。不用意な扱いで簡単に割れてしまう裸電球の存在は、太古より人間が火に対して抱いてきた畏れの感覚を想起させる。
(埼玉県伝統工芸会館「光と陰のパサージュ展」2006に出品)

LighTube_22007/09/09

【作  品】光筒(こうとう)/LighTube
【設  計】岩城和哉
【解  説】
 和紙は穏やかで繊細な素材。しかし、その穏やかさの仮面の下にはひとびとを魅了してやまない濃密な個性が隠されている。和紙の隠された個性を表出させるための触媒、それが光である。・・・光筒では和紙の備えるこのような特徴を最大限に引き出すことが試みられた。「光と陰のパサージュ展」には4本の光筒が出品され、それぞれ異なる和紙を採用。光のない状態では類似した4本の筒に見えるが、ひとたび光を点灯すると、4本の筒は突然、異なる色と肌理を備えた4本の個性的な光筒へと変貌する。