WELCOME TO IWK_HP ...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+

岩城 和哉 Kazuya IWAKI
建築家+博士(工学)+東京電機大学教授
Architect / Ph.D / Professor of Tokyo Denki Univ.

項目別情報はカテゴリを選択してください。
©KAZUYA IWAKI all rights reserved 
(本ブログ掲載情報の無断複製・転載を禁止します。)

...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+ WELCOME TO IWK_HP

コンペ応募案 ココチホテル客室デザインコンペ その12011/06/13

 ココチホテル沼津の客室デザインコンペ応募案その1。シマウマが温かく?出迎えてくれる客室です。設計趣旨は以下の通りです。


sima sima

 「流れ」に身をまかせるとき、私たちはある種の心地よさを感じることがあります。例えば、川遊びで浮輪に腰掛け空を見上げながらゆったりとした川の流れに身を預けるとき。あるいは、自転車に跨がり追い風に後押しされながら風と一体となって疾走するとき。
 そんな「流れ」に身をまかせるときの心地よさに近い感覚(流動感?浮遊感?)を想起させるような客室をつくりたいと考えました。そのための具体的な方法を以下に示します。

1)断面形状を抽出する
 CTスキャンのように、B面からD面方向へ30mm間隔で輪切りにした客室の断面形状を抽出します。
2)連続面をつくる
 抽出された断面形状にあわせて、床、壁、天井、ベッド、ベンチ、机等を一体化した連続面を形成します。このとき、入隅は半径150mm、出隅は半径100mmの曲面とします。
3)縞模様をつくる
 連続面を30mmごとにクリアと墨色の二色に染色し、交互に層状に重ねてゆくことで縞模様をつくります。
4)木を素材とする
 連続面の素材は触感のよい木とします。また、その木目は視覚的に流れを感じさせる役割を果たします。
5)縞模様を増幅する
 壁面の一部や浴室扉をステンレス鏡面仕上とし、縞模様を増幅させます。

コメント

トラックバック