WELCOME TO IWK_HP ...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+

岩城 和哉 Kazuya IWAKI
建築家+博士(工学)+東京電機大学教授
Architect / Ph.D / Professor of Tokyo Denki Univ.

項目別情報はカテゴリを選択してください。
©KAZUYA IWAKI all rights reserved 
(本ブログ掲載情報の無断複製・転載を禁止します。)

...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+ WELCOME TO IWK_HP

FRP FABRIC COPSE photo & movie2010/03/20

撮りためてあったFRP FABRIC COPSEの写真と動画を整理しました。
どうぞお楽しみください。

FRP FABRIC COPSE (エフ・アール・ピー・ファブリック・コプス)
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009 公募作品
設計制作:岩城和哉+東京電機大学岩城研究室
設置敷地:新潟県十日町市新町新田神明社
設置期間:2009年7月26日-9月13日

完成版 写真集

完成版 動画

制作風景 動画

FRP FABRIC COPSE 撤収2009/12/07

 2009年12月5〜6日に「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」出品作品であるFRP FABRIC COPSEの撤収作業を行いました。
 本来、畑で使う材料であるFRP製ダンポールが主材であるため、撤収後は本来の農業資材として活用されるべく、地元の皆さんにすべて引き取っていただきました。

国際野外の表現展比企2009 その62009/09/16

FRP FABRIC WORMの内部の様子です。柔らかく包まれつつ周辺環境とつながっている不思議な感覚の空間です。

国際野外の表現展比企2009 その52009/09/16

国際野外の表現展比企2009出展作品3作目。素材はFRP製線材ダンポール。作品名はFRP FABRIC WORM。 

FRP FABRICは大地の芸術祭にも出展したFRP線材を竹細工の輪弧編みで立体的に編み上げて空間を創り出すシリーズ作品です。

今回はこの方法で横倒しの筒状空間をつくり、その中を人が歩けるようにしました。人が歩いたり、風が吹いたりすると作品全体がゆったりと揺れるような柔らかな空間を創り出すことを試みました。

横倒しにすると自重で形がつぶれるため、それを矯正するために三角コーンの足を両サイドに設置しています。その全体形とゆらゆらと揺れる様子はまるで虫の幼虫のようなので作品名をWORMと名づけました。

コプスに絡む植物たち 花編2009/08/05

コプスに絡む植物たち 花編

まずはアサガオ
まだ数は少ないですがきれいな花を咲かせて
空間のよきアクセントになっています

つづいて、フウセンカズラ
コプスに絡ませる蔦系植物を調べているときに
一目惚れした植物
道路際の最前列の2基に絡んでいます
ミツバチの受粉のおかげで
小さな風船がたくさんできています

最後はいとうり
花と言うよりも野菜ですが・・
いまはちょうど黄色い花を咲かせています
かぼちゃのごとく地を這って成長しますが
ちゃんと巻きひげもあり現在、コプス浸食中
いとうりの実の重さにこぷすは果たして耐えられるか?

コプスに絡む植物たち 野菜編2009/08/05

コプスに絡む植物たち 野菜編

ひとつめはインゲン
最も成長が早く沢山の実をつけています

これまたインゲン
でも、よく見ると・・・・短冊の穴に入り込み
そのまま成長して抜けるに抜けない状態
はたしてその運命やいかに・・・

つぎは、ツルムラサキ
成長はゆっくり
その赤紫の色がなまめかしいと言うかやや濃厚な感じ
そのうねうね巻き付く様子も艶っぽいです

おなじみのゴーヤ
葉は茂っているものの、実は少しずつついていく感じです
見に来た人たちがその実を発見して一番喜んでくれます

そして、収穫されたゴーヤはそのまま調理され
われわれの夕食に
にがみもほどほどで美味!

コプスに集う生物たち2009/08/05

コプスに集う生物たち

まずはトンボ
何種類かのトンボがゆったりとコプスの中をさまよっています

つぎはミツバチ
朝早く見に行くとせっせと受粉活動にいそしんでいます
写真はいとうり
このほかフウセンカズラでも数匹のミツバチが活動中でした

つづいてトカゲ
草むらの中を動き回りときどき姿をあらわします
虫を食べ歩いている??

最後はセミ
といっても抜け殻ですが・・・
遊びに来た子供が抜け殻を3つ発見し
ベンチの上に並べて去っていきました

COPSE 全景2009/08/04

向かいの電柱から撮影したコプスの全景です。
以前公開した写真に比べて格段に緑が増えていることがわかります。
http://iwk.asablo.jp/blog/2009/05/10/4297718

もう少し日差しが強くなると面白い影のパターンが現れます。

(画像をクリックすると拡大します)

FRP FABRIC COPSE ホームページ
http://frp-fabric-copse-iwkl.blogspot.com/
制作風景はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=T_wYFvMyMxQ

COPSE銘板2009/08/04

作品説明、研究室歴代在籍者、協力頂いた皆さんの名前を記載した銘板を設置しました。板は1mm厚のステンレスにエッチング仕上げ、台はCOPSEの形状を模して12mm厚のシナ合板(ランバーコア)を積層して制作しました。この作品解説によってCOPSEをより深く理解していただき、空間を楽しんでいただければと思います。

COPSE 2009/08/032009/08/04

2009年8月3日のCOPSEの様子です。

緑豊かになり、雑木林感がようやく増してきました。ベンチのあるところに植えた植物たちも順調に育ち、もうすぐ緑の庇ができるのではないかと期待しています。

手前が朝顔、次がゴーヤ、右奥がインゲンです。朝顔の手前の道路沿いにはフウセンカズラ。ちょうどミツバチたちが受粉活動にいそしんでいました。そのほか、トンボ、バッタ、カエル、セミ(抜け殻)、トカゲなどいろいろな生物がこの空間を楽しんでくれています。

この週末は多くの方にこの空間を体感していただきました。やはり説明するとよく理解してもらえ、興味を持ってもらえます。また、七夕の短冊を書いてくれた子供達も自分の短冊を探しにやってきてくれます。8月になったので短冊はとりはずそうかと思っていましたが、そのまま吊しておくことにしました。

(画像をクリックすると拡大します)