WELCOME TO IWK_HP ...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+

岩城 和哉 Kazuya IWAKI
建築家+博士(工学)+東京電機大学教授
Architect / Ph.D / Professor of Tokyo Denki Univ.

項目別情報はカテゴリを選択してください。
©KAZUYA IWAKI all rights reserved 
(本ブログ掲載情報の無断複製・転載を禁止します。)

...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+ WELCOME TO IWK_HP

コンペ応募案 IFDA 国際家具デザインフェア旭川20102011/06/07

 国際家具デザインフェア旭川2010(IFDA2010)応募案です。六角レンチのような形状の脚が相互に支え合うデザインとなっています。設計趣旨は以下の通りです。


RECIPROCUS (RECIPROCUS_TRI / RECIPROCUS_QUAD )

 建築家ルイス・カーンはかつて、形と機能の関係について「form evokes function(形が機能を誘発する)」という有名な言葉を残しています。カーンの言葉のように、本作品は「reciprocal structure」という形(構造形式)から機能的なアイデアが誘発され、デザインされたテーブルです。
 「reciprocal structure(相互依存構造)」とは、複数の部材が互いに支える/支えられるという相互依存的関係をなすことで成立する構造形式です。本作品では、逆L字型の木製の脚ユニットを3本(TRI)あるいは4本(QUAD)組み合わせ、その上にガラスの天板を置くことでテーブルを形成します。作品名称の「RECIPROCUS(レシプロカス)」は「reciprocal」の語源にあたるラテン語です。
 本作品は脚ユニット(木)、脚接合部材(ステンレス)、天板(強化ガラス)、天板接合部材(ステンレス)によって構成されます。木製の脚ユニットは六角形断面とすることで、鉛筆あるいは六角レンチを連想させるような、修辞的なデザイン操作が加えられています。また、ステンレス製の脚接合部材は、脚ユニットの本数の増減によって変化する接合角度に柔軟に対応するようデザインされ、ボルトによる脱着を可能とします。ボルトの締め付けにはもちろん、六角レンチを用います。
 天板は脚の形状に応じた円形あるいは正多角形のガラスをステンレス製の部材で接合します。透明ガラスを採用することで、「reciprocal structure」の形状そのものをデザイン要素として可視的に表現します。また、天板と脚の角度のずれがテーブルに視覚的な「動き」を与えます。さらに、「reciprocal structure」によって生ずる中心の空洞に応じて、天板に開口を設けるオプションを用意します。この開口は使用目的に応じて、パラソル、植物、照明、PCコンセント等の設置を可能とします。

コメント

トラックバック