WELCOME TO IWK_HP ...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+

岩城 和哉 Kazuya IWAKI
建築家+博士(工学)+東京電機大学教授
Architect / Ph.D / Professor of Tokyo Denki Univ.

項目別情報はカテゴリを選択してください。
©KAZUYA IWAKI all rights reserved 
(本ブログ掲載情報の無断複製・転載を禁止します。)

...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+ WELCOME TO IWK_HP

FRP FABRIC COPSE 「小さな建築」 優秀賞受賞2010/04/26

(写真をクリックすると拡大します)

愛知建築士会名古屋北支部設立20周年記念建築コンクールで、FRP FABRIC COPSEが優秀賞を受賞しました。審査員は、中村好文、古谷 誠章、伊礼智の3氏。応募総数148作品のうち、最優秀賞1点、優秀賞3点の上位4作品に選出されました。

コンクールのテーマは「小さな建築」。趣旨は以下の通りです。

 このところ、世界各地で大規模な建築や建設プロジェクトがあいついて完成しています。また、そうした大規模な建築やプロジェクトが着々と進行している様子を情報を通じて目の当たりにする機会も増えています。そういう意味で、現在はグローバルな時代、ビッグ・プロジェクトの時代といえるかもしれません。
 しかし、ちょっと立ち止まって考えてみますと、当然ながら、世界の檜舞台や、話題をさらう作品だけが建築の主戦場というわけではなく、ローカルで営々と作り続けられている「小さな建築」や「小さなプロジェクト」の中にも、来るべき時代への洞察と提案を含んだ質の高い作品が数多く埋れているように思います。また「空間装置」や「家具」の中に、滋味のある佳品を見いだすこともできるに違いありません。こうした作品も、ここでは「小さな建築」と呼びたいと思います。
 当建築コンクールでは、ローカルにあり、大きな志を抱いて作られた「小さな建築」を募集します。「小さな建築」という言葉に込めた主催者の意図を、幅広くかつ深く汲み取った、多くの優秀作品に出会えることを心より期待しています。


 写真は提出したA2版のプレゼンテーションボードです。左上のグレーの部分に作品の解説が添えられています。解説の内容は以下の通りです。

FRP FABRIC COPSE : 
 建築の本質は「空間」にある。そして、「空間」をつくることの本質は、「支える」ことと「囲う」ことにある。この本質はいつの時代も、どの場所においても変わらない。アートイベントに出品したこの作品において、私たちは新しい「空間」=新たな「支え」 と新たな「囲い」を創出するという実験に取り組んだ。
 弾性変形能力に富むFRP 線材という素材と伝統的な竹細工の輪弧編みという構法を用いて制作したパラソル型の空間ユニット(FRP FABRIC)は、1本の樹木のように「支え」と「囲い」の役割を同時に果たす。そして、このユニッ トを反復的に連結することでトンネル状の「空間」が形成される。
 この作品の「支え」としての新規性はその柔らかさとしなやかさにある。例えば、 網目の密度によって強度の調整が可能であったり、あるいは、風に対して柔らかくしなることで力を受け流したり、といった特徴をもつ。
 この作品の「囲い」としての新規性はその多義性/曖昧性にある。例えば、メッシュ状のユニットは人々を柔らかく包み込みつつ、その周辺環境との連続性を保持する。あるいは、空間内を人が移動すると、メッシュの重なり具合=視覚的透過度や、ユニットが切り取る風景が時々刻々と変化し、多様なイメージが重層する。
 こうして形成された空間作品を、私たちは「COPSE(雑木林)」と名づけた。雑木林は植林によって一義的に植生が定められた林とは対照的にその雑種性が魅力であり、そこには排除ではなく許容の感覚が満ちあふれている。そんな包容力あふれる空間として「FRP FABRIC COPSE」を設計し、制作をおこなった。

コメント

トラックバック