WELCOME TO IWK_HP ...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+

岩城 和哉 Kazuya IWAKI
建築家+博士(工学)+東京電機大学教授
Architect / Ph.D / Professor of Tokyo Denki Univ.

項目別情報はカテゴリを選択してください。
©KAZUYA IWAKI all rights reserved 
(本ブログ掲載情報の無断複製・転載を禁止します。)

...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+ WELCOME TO IWK_HP

U-Tokyo, Takeda Bldg.2007/02/01

【作品】東京大学武田先端知ビル
    Takeda Bldg., The University of Tokyo,2000-2003
【設計】東京大学工学部建築計画室
    +東京大学施設部+現代計画研究所
【担当】岸田省吾+岩城和哉+宮部浩幸+内海彩
    (東京大学工学部建築計画室)
【参照】新建築2004年10月号
【解説】
 本郷キャンパス浅野団地に建つ複合研究施設。個人の寄付によって建設され、寄付者個人の名が建物名称に取り入れられた最初の例となった(安田講堂は通称であり、正式名称は大講堂)。地階に本格的なクリーンルーム、1階から4階に研究室、5階と6階に350人規模のホールとホワイエが収容されている。
 異種機能が立体的に積層された主構成に対して並列に設けられた6層の吹抜空間−インタラクション・ヴォイド−が建物としての一体感の創出に寄与している。このインタラクション・ヴォイドには移動のための階段と踊場、あるいは研究者の息抜きと交流のための談話スペースが立体的に配されており、空間に適度なアクティビティと浮遊感が発生することが意図されている。また研究室側には建物を縦に貫く設備シャフトが構造スパンごとにリズミカルに設けられ、グレーチング貼りの壁面は吸音面としての機能を併せ持っている。
 外観を特徴づけているのは、吹き抜けのある北面のガラスカーテンウォール、他の三面を覆う鋼製のグレーチング・スクリーン、建物頂部の設備機械設置スペース(通称、鶏冠)等である。特に圧倒的な表面積を占めるグレーチングは溶融亜鉛メッキの上にリン酸処理を施すことで色合いと光沢の調整がおこなわれ、角度や距離によって建物の形象が変化して見えることが意図されている。

コメント

トラックバック