WELCOME TO IWK_HP ...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+

岩城 和哉 Kazuya IWAKI
建築家+博士(工学)+東京電機大学教授
Architect / Ph.D / Professor of Tokyo Denki Univ.

項目別情報はカテゴリを選択してください。
©KAZUYA IWAKI all rights reserved 
(本ブログ掲載情報の無断複製・転載を禁止します。)

...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+ WELCOME TO IWK_HP

U-Tokyo, Eng. Bldg. no22007/02/01

【作品】東京大学工学部2号館改修
    Engineering Bldg. 02 (renovation)
    The University of Tokyo,1998-2000
【設計】東京大学工学部建築計画室+東京大学施設部+類設計室
【担当】岸田省吾+駒田剛司+岩城和哉+山下晶子+宮部浩幸
   (東京大学工学部建築計画室)
【参照】新建築2000年10月号pp.126-135
【解説】
 1923年の関東大震災直後に竣工した内田ゴシック初期作品の改修プロジェクト。この建物は震災前後の意匠的変容のまさに変曲点に位置しており、その意匠は内田ゴシック的でありながら同時に明治期の建物の面影を想起させる。震災以前の構造基準で設計されているため、あらゆる部材がその後に展開されるスクラッチタイル貼りの盛期内田ゴシック作品よりも繊細でほっそりしている。
 設計においてはまず建物の観察と読解が慎重におこなわれた。その上で箇所ごとに現状保存、復元保存、補修、新旧の融合、新旧の対比、刷新といった具合に改修の程度が選択され、建物が本来備える建築的ポテンシャルが最大限引き出されるよう微調整が加えられている。
 外観については安田講堂前広場の重要な景観要素である外周壁は建具廻りをのぞいて極力オリジナルの意匠が尊重されている。一方、中庭側壁面は空調や実験のためのメカニカルシャフトとして積極的に利用されている。この改修工事は工学部新2・3号館プロジェクトの第一期工事であり、二期工事以降、建物の北半分の建て替えがおこなわれ、中庭は内部化されて工学部地区の中心的なオープンスペースとなる。また、工学部共通スペースである建物1階にはレストランや展示室、セミナー室が収容されている

コメント

トラックバック