WELCOME TO IWK_HP ...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+

岩城 和哉 Kazuya IWAKI
建築家+博士(工学)+東京電機大学教授
Architect / Ph.D / Professor of Tokyo Denki Univ.

項目別情報はカテゴリを選択してください。
©KAZUYA IWAKI all rights reserved 
(本ブログ掲載情報の無断複製・転載を禁止します。)

...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+...+ WELCOME TO IWK_HP

U-Tokyo, New Univ. Hall2007/02/01

【作品】東京大学赤門前共同利用施設
    New University Hall, The University of Tokyo, 1996-1997(project)
【設計】東京大学キャンパス計画室
【担当】香山壽夫+岩城和哉
【参照】JA26, pp.170-171
【解説】
 現医学部本館の機能転用とそれにともなう建物の改修・増築計画案。本郷キャンパスを南北に貫く緑地軸に対して直交する3本の主軸(農学部正門−農学部3号館、正門−安田講堂、赤門−医学部本館)の1本としてキャンパス内でも特に公共性の高い位置にある建つ医学部本館は、利用計画要綱において医学部施設整備が進んだある段階で共同利用施設へと転用されることが定められている。この計画案は大学附属図書館整備ワーキングにおける検討案のひとつとして作成されたものである。
 この案ではまず、その配置に関してキャンパスの主要軸線の焦点のひとつに附属図書館が置かれることにより、安田講堂と並んでキャンパスの核となることが意図されている。建築的には利用計画要綱で保存外壁に指定されている正面ファサード部分が保存され、その背後に建てられる中高層棟との間にアトリウムが設けられる。
 アトリウムは北側の三四郎池に対して開かれた構成をとり、そこに架かるガラス屋根は池からの景観に配慮した形状となっている。アトリウムからは池越しに安田講堂を望むことができる。中高層棟の高さを抑えるために可能な限りアトリウムおよび前庭の地下部分において床面積が確保され、その採光のための開口がアトリウムや前庭においてベンチやオブジェの役割を担うようデザインされている。

コメント

トラックバック